小豆島一周



前回の記事から半年以上ぶりの更新となりましたが、サイクリングはボチボチと行っております。
ゴールデンウィークを利用して、今まで興味があったけど中々実行に移せなかった小豆島一周に行ってきました。

フェリーは車以外は先着順、また5月3日という大型連休かつ天気の良い日で混雑が予想されることもあり、朝の5時半前に姫路港前の有料駐車場に到着。
既にロビーは解放されていたので入ってみたものの、まだ券売所は閉まっており、受付には券売は出航40分前からの立て札が…。
1時間近くまたないといけないのかと思っていましたが、他の利用客もいたからか6時前から券売を開始し早々に舟券ゲット。

車の方はたくさん待っていましたが、自転車は10台いくかどうか。
連休中のジェノバラインみたいにもっと自転車でごった返すかと思いましたが、これは予想外。
そんなこんなで無事に始発フェリーで小豆島に初上陸。
福田港を起点に島一周のスタートです。

淡路島と比べるとアップダウンの連続で爽快に飛ばせる長い平坦は殆どないように感じました。
ただ、外周ルートなら淡路島の主要4峠のような山越えもなく距離もアワイチより短い約110kmということもあり、二十四の瞳・映画村でトイレ休憩と補給した以降は、ルート確認以外はノンストップで走り、14時25分の増便フェリーで無事帰ることができました。
14時台のフェリーに間に合いそうだったので、割と駆け足気味に周ってしまいましたが、もっと要所で立ち止まって小豆島を楽しめば良かったと若干後悔。道中の写真も全然撮ってない有様です。

海岸線メインで走ったこともあり、印象としては淡路島とあまり変わらない。
強いて言うなら南淡路が延々と続くようなイメージに感じました。
とはいえ今回走ったのは、外周ルート。
小豆島中央にそびえ立つ「寒霞渓」を上らずして、小豆島を満喫したと言えません。

フェリー代・駐車場代で6000円ほど出費になるので、頻繁には来れませんが、次回は紅葉シーズンに2回目の小豆島、そして初「寒霞渓」にチャレンジできればと思います。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。