加西・多可・市川114kmコース



本日の目的地は、「高坂峠」。
これまでに訪れたことのある、「翠明湖」や「加西三坂」よりさらに北へ進みます。


■24号線
130526-7.jpg130526-8.jpg
翠明湖へ向かう脇道手前の東屋で小休止してから、北上。
何かサイクルイベントを開催してくれないかと思いつつ、セントラルサーキットの横を通過します。


■427号線
130526-9.jpg130526-10.jpg
多可町の市街地を通り抜けます。
いくつかトイレ休憩できそうなポイントがありましたが、特に催してないのでここはスルー。


■8号線
130526-11.jpg130526-12.jpg
8号線へ。
この先に、本日のメインイベントとなる「高坂峠」の上り下りが待っています。


■高坂峠
130526-13.jpg130526-14.jpg
そして高坂峠へ。
交通量はそこそこありましたが、道幅があるので走りやすかったです。


■新松か井の水公園
130526-15.jpg130526-16.jpg
噂の湧き水「松か井の水」を見に、「新松か井の水公園」で軽く休憩。
顔を洗い、頭に水を被ってリフレッシュ。
飲んでみたい衝動に駆られましたが、看板の「生水を飲むな」の警告を見て思いとどまりました。
こんなところでお腹を壊したら洒落になりませんよね。


■高坂峠
130526-17.jpg130526-18.jpg
130526-19.jpg130526-20.jpg
再スタート。
上りきったあたりでトンネルが出現。
このトンネルが想像以上に長く、一人で薄暗いトンネルの中を走るのは少し怖かったです。
涼しくて凄く気持ちよかったんですけどね。


■8号線
130526-21.jpg130526-22.jpg
130526-23.jpg130526-24.jpg
高坂峠後の8号線は、小川の横を走る気持ちの良いルートでした。
途中の吊り橋が凄く気になりましたが、312号線に向けて西へ向かいます。


■312号線
130526-26.jpg130526-27.jpg
姫路方面を走る際に何度か通行した事のある312号線ですが、北の方を走るのは初めて。
途中のスーパーでトイレ休憩をしつつ、南へ走ります。


■34号線
130526-28.jpg130526-29.jpg
このまま姫路まで南下するのもアリですが、多可町方面に来たら、やはり寄りたいのが「がいな製麺所」。
という事で34号線に分かれます。


■釜坂峠
130526-30.jpg130526-31.jpg
130526-32.jpg130526-33.jpg
結構走ってきてからの峠越えは中々疲れますが、おいしいうどんの為に頑張ります。
「がいな製麺所」では、「梅おろしぶっかけうどん」を注文。
冷系メニューは今回が初めてですが、こちらも美味しかったです。

昼食後は、79号線を通り帰路へ。
途中、腹痛に見舞われましたが、何とか決壊する前に帰宅する事ができました。
高坂峠には、今回通らなかった旧道もあるので、また行きたいですね。


関連記事
スポンサーサイト

高坂峠



多可町と神河町を股に掛ける峠道。
中盤に長いトンネルがあるので、ライト必須。
湧き水「松か井の水」を汲みに訪れる人もいるため交通量はそこそこありますが、道幅があり路肩も広くとってあるので走りやすいルートです。

130526-1.jpg130526-2.jpg
130526-3.jpg130526-14.jpg
130526-17.jpg130526-4.jpg
130526-5.jpg130526-6.jpg
関連記事

淡路80kmコース



前々から淡路島の463号線を走ってみたいと思っており、今日、実行に移しました。
地図で見たところ、摩耶山を上る面白そうなルートのよう。
一体、463号線にどんな景色が広がっているのか…?


■ジェノバライン
130518-1.jpg130518-2.jpg
行きのジェノバラインで、何と今まで乗ったことがなかった「レットスター2」に乗船できました。
普段は、「まりーんふらわあ2」か「ジェノバⅠ」ばかりだったので凄く新鮮。


■28号線
130518-3.jpg130518-4.jpg
今日、初めて「世界平和大観音」をファインダーに収めてみました。
ドラゴンクエスト大好きっ子としては、「デスパレス」に行けそうなその風貌が凄く気になります。
やっぱりどこかに「魔人のかなづち」があったりするんでしょうか?
オーナーがお亡くなりになり閉鎖されてしまった施設との事ですが、一度は登ってみたかった…。


■469号線
130518-5.jpg130518-6.jpg
130518-7.jpg130518-8.jpg
そして28号線から469号線へ…。
そうです、この時点で予定が狂っています。
「四百…六十…何号線だっけなぁ?お、469号線!ここ!ここ!ここだよここ!」
463号線に行くには28号線から66号線を通らないと行けないのに、事前の下調べがいい加減だったので、こんな事になってしまいました。


■46号線
130518-9.jpg130518-10.jpg
130518-11.jpg130518-12.jpg
途中で道を間違えた事に気付きますが、既に手遅れ。しょうがないので、このルートを楽しむ事に。
今どの辺を走っているのかさえ分からずに、南へ南へと進みます。
これ以上進むと不味い気がしたので、46号線へ…。
この46号線の景色が中々良く、走っていて気持ち良かったです。


■31号線
130518-13.jpg130518-14.jpg
46号線を突き進むと無事に西側の31号線へ到着。
コンビニで補給と休憩を行い北上します。
今日みたいな天気の良い日の海沿いは、本当に気持ちいい。


■460号線
130518-15.jpg130518-16.jpg
このまま31号線に沿って岩屋港まで戻っても良かったのですが、本来の予定ではガッツリ上るはずだったので、ヒルクライムをするために460号線へ。
しかし、自分にしては早めのペースで31号線を走っていたこともあり、この時点で足の様子が微妙でしたが、無理を押してのコース選択。
大丈夫、噂の足攣り防止サプリ「2RUN」を飲んだから安心だよ。


■淡路景観園芸学校前ルート
130518-17.jpg130518-18.jpg
攣りはしませんでしたが、足の筋肉がピクピクと攣る一歩手前だったので、ギアを30段中最も軽いものに変えて上る事に。
今日は、なるべく低いギアを使わない事を目標に走っていましたが、駄目でした。
いくらサプリメントを服用しても、足が消耗しまくったらどうしようもないです。


■157号線
130518-19.jpg130518-20.jpg
上りきった後は、爽快なダウンヒル。
岩屋港目掛けて、俺まっしぐら。
予定と大分違ったルートになってしまいましたが、新たな淡路の側面を見る事ができ、非常に楽しいサイクリングでした。


関連記事

神戸90kmコース



表六甲の登坂に向けてネットで色々調べてたら、再度山なるルートがあると知り挑戦しに行ってきました。
淡路の柏原山と比べると自宅からの距離が短いので良かったのですが、それでもふもとまで約39キロ…。
再度山を上った後は、西六甲ドライブウェイを西に走り、428号線を北上し岩谷峠へ。
岩谷峠後に後輪がパンクするトラブルに見舞われましたが、何とか無事に帰ってこれました。


■再度山ドライブウェイ
130512-1-k-h.jpg130512-2-k-h.jpg
130512-3-k-h.jpg130512-4-k-h.jpg
初挑戦となる再度山。
それほど道は広くないので、後ろから車が来られるとドキッとしますが、全体的に見て凄く良いコースでした。
上りっぱなしではなく、数回下りも入るので思っていたよりは、キツくなかったかな?


■西六甲ドライブウェイ
130512-5-k-n.jpg130512-6-k-n.jpg
130512-7-k-n.jpg130512-8-k-n.jpg
二週間ぶりの西六甲ドライブウェイ。
今回は、六甲山頂を目指さずに西へ下って行きました。


■岩谷峠
130512-9-k-i.jpg130512-10-k-i.jpg
130512-11-k-i.jpg130512-12-k-i.jpg
正月以来となる久々の岩谷峠。
過去2回ほど走りましたが、その時は冬だったので、緑が生い茂った岩谷峠は凄く新鮮でした。
やっぱり風景的には春先が一番美味しいですね。


関連記事

再度山



神戸市中央区にある約8キロの上り。
読みは、「さいどやま」かと思いきや「ふたたびさん」。

初っ端から斜度のキツイ坂道が挑戦者を迎えてくれます。
8キロひたすら上りっぱなしではなく、距離は短いながらに数回下りもあるので、想像していたよりは楽でしたが、それでもかなりキツかったです。
自然に囲まれた良いコースですが、全体的に見通しが悪いので車に注意ですね。

130512-17-s.jpg130512-18-s.jpg
130512-19-s.jpg130512-20-s.jpg
130512-21-s.jpg130512-22-s.jpg
130512-23-s.jpg130512-24-s.jpg
130512-25-s.jpg130512-26-s.jpg
関連記事

加西加古川64kmコース



ゴールデンウィーク最終日。
がいな製麺所」にうどんを食べに行ってきました。
いつもなら79号線を延々と北上するのですが、今日は違うルートで行ってみようと、206号線・716号線等を経由。


■206号線・一乗寺
130506-1.jpg130506-2.jpg
130506-3.jpg130506-6.jpg
206号線の一乗寺。
これまで何度もそばを通りながら、このルートは試したことが無かったのですが、凄く良いコースでした。
何気に寺の前にトイレもあったので、またの機会に是非利用しようと思います。


■716号線・370号線
130506-7.jpg130506-8.jpg
130506-9.jpg130506-10.jpg
79号線と違い、ルート上に3・4軒コンビニがあるのは、地味にデカイ。
加西三坂に行く場合は、このルートを走ったほうが良さそうです。
帰りもいつもと違ったルートを走ろうと思い、370号線へ。
372号線を経由して最終的に79号線に戻ってしまいましたが…。
飽きない為にも、もっと色々なルートに挑戦していきたいですね。


関連記事

淡路86kmコース



岩屋港を出発し、淡路南東にある柏原山を上って、再び岩屋港に帰ってくるコース。
柏原山の上りは、中々キツイです。
トイレは、道中のコンビニや道の駅以外に柏原山を登りきった所にある広場にもあります。


■481号線
130503-1.jpg130503-2.jpg
先週の六甲山に続き、目標の一つである柏原山のヒルクライムにチャレンジ。
自宅からジェノバライン・明石港まで約17km・岩屋港から柏原山ふもとまで約35km。
片道・約50キロと中々しんどい道のりです。
淡路に入ってから道中のコンビニで2回休憩。


■柏原山林道
130503-3.jpg130503-4.jpg
130503-5.jpg130503-6.jpg
記事の写真は、序盤から中盤にかけて乗りながら撮影したものばかりです。
後半はかなりキツくて、撮影する余裕がありませんでした。
例によって攣りかけまくる左足を押さえながら、何とか足を付かずに山頂へ。
柏原山より倍の距離があった、先週の西六甲ドライブウェイ&サンセットドライブウェイよりも辛かったですね。
過去一番の上りでした。


■柏原山森林公園&山頂の展望台
130503-7.jpg130503-10.jpg
広場で引き返しても良かったのですが、折角なので山頂を見ておこうと、もうひと頑張り。

130503-11.jpg
展望台からの眺めは最高でした。
360度に景色が広がっているので、眺めていて気持ちがいいです。

柏原山林道は、このまま向こう側の76号線まで降りる事もできますが、今回は来た道を引き返しました。
向こう側のルートは、また今度のお楽しみに。
481号線を最後まで進んでみたり、竹原ダムの方を見て回ったりしてみたいので、この辺りには今後もちょくちょく来る事になりそうです。


関連記事

柏原山



淡路島南東部にある、距離約7km・標高約570mの山。
序盤から中盤にかけては斜度は緩やかですが、中盤からキツくなっていきます。
車の通行もある上、ガードレールが無い場所もあるので、特に下る際は要注意。
上りきったところに広場があり、トイレもあります。


■柏原山林道
130503-12.jpg130503-13.jpg
130503-14.jpg130503-15.jpg
中盤に下りが一回ありますが、そこから段々坂がキツくなっていきます。
上の方に行けば行くほど、道路上に小石や枝などがあるので注意しないといけません。


■柏原山森林公園
130503-16.jpg130503-17.jpg
東屋やトイレなどがあるので休憩に最適。
トイレはお世辞にも綺麗とはいえませんが、無いよりはマシ。
山頂に行きたい場合は、画像・右の左側の道をさらに進みます。


■山頂への道
130503-18.jpg130503-19.jpg
一応舗装されていますが、ご覧のとおり落ち葉やら何やらが散乱しており、路面状況が良いとは言えません。
例によってこの区間もガードレールがありません。


■山頂&展望台
130503-8.jpg130503-9.jpg
山頂まで舗装路が続いていないので、自転車を持って行きたい場合は担がないといけません。
ロックがあるなら、画像・左の鉄柵に括りつけるのもアリかな。
流石にこんな所に、錠前を破るための道具を用意した窃盗犯が出没するとは思えませんし。

130503-20.jpg
展望台の眺めは絶景です。
柏原山を上る際は、柏原山森林公園までと行かず、是非山頂の展望台の眺めを楽しんでみてください。
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。