淡路54kmコース



約1ヶ月ぶりの淡路島。
前回、463号線を走ってみようとするものの道を間違えて走れずじまいだったので、今回はそのリベンジ。


■66号線
130622-5.jpg130622-6.jpg
今回は、28号線のどこで曲がれば良いのかもチェック済みでぬかりはありません。
華麗に右折して66号線へ。


■463号線・その1
130622-7.jpg130622-8.jpg
130622-9.jpg130622-10.jpg
66号線に入って、割りと直ぐに463号線への道が現れました。
今回のメインイベント。迷う事無く463号線へ入ります。
序盤は道が広いので走りやすく、また上りごたえもあるので楽しい区間でした。


■463号線・その2
130622-11.jpg130622-12.jpg
130622-13.jpg130622-14.jpg
しかし、その楽しさも束の間。進むにつれて、道幅が狭くなっていきます。
場所によっては見通しが非常に悪く、前から車が来たら大変な事になりそう。
似たような道幅の分かれ道がチラホラあり、どれが463号線なのか迷います。
というか迷いました。道間違えました。
ものの十数分で念願の463号線から外れることに…。


■123号線・上り
130622-15.jpg130622-16.jpg
130622-17.jpg130622-18.jpg
130622-19.jpg130622-20.jpg
しばらく辺りをさまよった後、28号線へ戻り、何度か走った事のある123号線へ行く事に。
この123号線は、それなりに道幅があるので走りやすく、またヒルクライムのコースとしても中々走り応えのある、淡路のお気に入りルートの一つです。
道中、「頂上までの距離3.7キロ、平均斜度7%」みたいな記述のある看板を発見。
123号線はこれで4回目となりますが、こんな看板初めて見ました。
見落としていたのか?後から立てられたのか?


■123号線・下り
130622-21.jpg130622-22.jpg
130622-24.jpg130622-23.jpg
下りの123号線は、結構道幅が狭く見通しの悪い区間もチラホラあるので、慎重に下らないといけません。
終盤の黒谷あたりからの31号線に向けて真っ直ぐな下りが、かなり爽快なのですが、久々だったのでちょっと道を待ちがえてしまい、予定していたのと違う場所から31号線へ…。
結局463号線へのリベンジは失敗したので、次こそは…。


関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。