淡路58kmコース



今回は、ロングライド以来、約1ヶ月ぶりの淡路島。
僅か1ヶ月で気温もグッと寒くなり、今日はウィンドウブレイカーを着用してのサイクリング。
さらに1ヵ月後は、どれくらい冷え込む事になるのやら…。


■157号線
131027-1.jpg131027-2.jpg
131027-3.jpg131027-4.jpg
普段は淡路島に来ると必ず28号線を通るのですが、今日は157号線を上るルートを選択。
これまで何度も下った157号線ですが、前々からこの道を逆に上れば良いヒルクライムコースになるんじゃないかと思っていましたが、想像通り良い感じの上りでした。
要所要所で平坦や下りを挟みますし、距離の割りに標高は低めですが、家から片道20km以内に約8kmとまとまった距離を上れるルートがあると考えると、この157号線は結構良いコースかもしれません。
ただネックなのは、往復のジェノバラインで1300円かかると言うことか…。


■大地バーガー
131027-6.jpg
157号線を上りきった後は、淡路カントリーガーデン・ハンバーガーショップ safsaf -サフサフ-でご当地バーガー「大地バーガー」を食べる事に。
前々からずっと気になっていたのですが、中々タイミングが合わず、今回ようやく食べました。
単品で550円と値段が高めですが、値段相応にボリューム満点。
ただボリュームがありすぎて、かなり食べにくかったです。


■71号線
131027-7.jpg131027-8.jpg
食事後、157号線をしばらく下り、71号線を左折しさらに下ります。
71号線を走るのは今回が初めてでしたが、全体的に道幅も広く、ここも良い感じのルートです。
次にここを走る時は、上りに挑戦してみたいですね。


■123号線~463号線
131101-1.jpg131101-2.jpg
131101-3.jpg131101-4.jpg

■31号線
131101-5.jpg131101-6.jpg
28号線に入った後は、しばらく南下して、走り慣れた123号線へ。
後は、山を越えて、31号線を通って岩屋港へと戻りました。
関連記事
スポンサーサイト

神戸116kmコース



今日は、久々に六甲山へ行ってきました。
ルートは、再度山経由。

再度山には先週も訪れていましたが、諸事情で力尽きて引き返したので、今日はその時のリベンジの意味も込めて上りました。

今回は、無事に走破。
気になる2号車でのタイムですが、サイコンでざっくり計って31分40秒ほど。
1号車が約35分だった事を考えると、思いの他タイムが出ていないように感じます。
ちなみに一軒茶屋までトータルの所要時間は、約1時間26分。
1号車より9分ほど速い程度でした。

再度山は30分切れるかと思っていましたが、かなり考えが甘かったようです。
6月頃に上った時よりも体重と車重は軽くなっていますが、これだけ長距離の上りとなると足も回らなくなります。
軽さも重要ですが、今後タイムを短縮するには、単純に自分の脚力を強化しないとどうしようもなさそうです。


■六甲国際ゴルフ倶楽部・横ルート
131013-5.jpg131013-6.jpg
131013-7.jpg131013-8.jpg
帰りは西六甲ドライブウェイを下りきり、小部峠から北へ進んで箕谷の方を経由して帰りました。
途中、85号線の坂本の信号を左折して、六甲国際ゴルフ倶楽部・横の道へ。
22号線の方から進むとヒルクライムになっているらしく、前から気になっていたのでルート確認も兼ねて今回走りましたが、坂本の方から進んでも多少上る事になるので、下り一辺倒を期待していた自分は面食らいました。
しかしコースそのものは悪くないので、次にこちらの方を走る場合は、このルート+岩谷峠というのも面白そうです。


今回の再度山のタイムから察するに、来月のヒルクライムチャレンジシリーズ・第2回養父ハチ高原大会の想定タイムは、約40分程度になりそうです。
再度山を上る場合と違いスタートラインまでに39kmも走らなくて済むし、勾配の緩いほぼフラットな区間も4kmほどあるらしいので、40分は切れると思いたい…。
40分を最低ラインとし、達成できるかどうかは分かりませんが、35分を目標にレースに臨もうと思います。
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。