淡路52kmコース



今回の淡路島は、88号線に入り津名・一宮ICの前を通り過ぎる比較的フラットなコース取りを予定していましたが、事前の下調べを疎かにしたので道を間違え66号線に進入。
道の情報を「十の位と一の位が同じ番号の道」程度にしか覚えていなかったのと、66号線へ入る交差点の手前で津名に関する案内表示を見て変に焦ったのが災いしました。

この66号線は、以前463号線を走ろうとして道を間違えて失敗した際に通った道です。
せっかくなので、その463号線をリベンジをすることに。


■463号線・序盤
P1020688.jpgP1020692.jpg
P1020695.jpgP1020698.jpg
463号線は入った直後こそ道は広く綺麗に舗装されていますが、しばらくするとご覧のように道幅が狭くなります。
本当に車一台分程度の幅しかないので、車と遭遇するとヒヤリとします…というか実際に見通しの悪い曲り道で正面から軽トラックが突如出現して、若干危ない場面もありました。


■463号線・中盤
P1020699.jpgP1020700.jpg
P1020705.jpgP1020707.jpg
なんだかんだ道を間違えたりもしつつも、iPhoneのマップ機能で現在地を確認しながら463号線を進みます。
途中で、何か動物を捕獲する為の檻らしきものを見かけましたが、この近辺に何か出没するのでしょうか?
まさか…熊? おそらく猪あたりが無難な所でしょうが、万が一、こんな狭い道で遭遇したら相当危険でしょうね。


■493号線・終盤
P1020708.jpgP1020713.jpg
P1020716.jpgP1020717.jpg
途中の狭さが嘘のように広い道が出現。
民家もあるので妙な安心感を覚えます。
463号線後は、おなじみの31号線を快調に飛ばして岩屋へGOして帰路につきました。


序盤は道幅狭く、徐々に道路状況が良くなってくるのは157号線と似てますが、463号線の方は序盤に分かれ道がいくつかあって分かりにくいのがネック。
車の通行は少ないのですが、道幅が狭く、僅かな車の通行でヒヤリとさせられるので、結構危険な道かもしれません。
しかし、こういう感じの道の方がブログのタイトル通り「冒険」している感があって楽しいのもまた事実だったりするんですよね。
関連記事

Comment

楽しそうなコースですね。
鹿は見たことありますが・・・

>koniさん
自分の野生動物遭遇歴は、鹿1回・狐2回ですね。
後は、去年淡路の157号線を走って際、途中で何かの動物がこちら目がけて斜面を駆け下りてきた事もあります。
どうも猿っぽかったのですが、やはり淡路北部にも猿がいるのかもしれませんね。
Comment Form
公開設定