淡路103kmコース



久しぶりの淡路島。
これまでは北部を中心に走ることが多かったのですが、ジェノバラインへのアクセスが容易になったので、思い切って南の方まで走りに行きました。
28号線づたいに福良手前まで、そこから31号線へ入り、道なりに岩屋港へ戻る、南部の急坂地帯を避けた約100kmのコースです。


■125号線
P1020764.jpgP1020765.jpg
P1020766.jpgP1020767.jpg
基本的に28号線と31号線を道なりに進むだけですが、洲本市街に入ったあたりで少しの間だけ125号線へ入ります。
このルートだとまっすぐ進めばいいだけですし、28号線づたい行くと途中でトンネルを通過しないといけないようで、ライトを持ち合わせていないので危険と判断しました。
この辺りを走るのは初めてなので、新鮮な気持ちで走れました。


■31号線
P1020768.jpgP1020769.jpg
28号線に復帰後、福良手前で31号線へ。
今日はお尻パッドのないウェアを着用していたので、この辺りから岩屋港まで尻の痛みとの格闘でした。
終盤には、尻痛にガス欠が加わって非常に苦しい状態でしたが、なんとか無事に岩屋港へ。

体が鈍っている事もあって、かなりヘロヘロになりました。
全体的にフラットな今回のルートでこの有様だと、アワイチだったらどうなっていたことやら…。
関連記事

Comment

早速淡路島ですか、羨ましい。
103km凄い、お疲れ様でした。

>koniさん
以前ならジェノバラインから自宅までの往復約34キロも考慮して走らねばなりませんでしたが、今だとジェノバラインへは10分以内に尚且つ信号に引っ掛からずに行けるので、明石港へ到着が実質帰宅みたいなものなので、淡路は思い切ったコース取りができるようになったのは大きいです。

しかし往復の船代は馬鹿にならないので、神戸方面も並行して走っていきたいですね。
Comment Form
公開設定

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。