猪鼻ダム・淡路94kmコース



1週間前にジェノバラインの回数券を購入したので、今日は早速、淡路島へ。
今回の目的は、481号線上にある猪鼻ダムと猪鼻第2ダム、そして各ルートの行き止まりまで辿り着くこと。


■481号線・序盤
P1020897.jpgP1020901.jpg
P1020906.jpgP1020907.jpg
481号線序盤。
何度か訪れたことのある柏原林道へのルートを横目に481号線の奥へ。
進めば進むほど、道が狭く、ガードレールがない区間もチラホラ。


■猪ノ鼻ダム
P1020908.jpg
そんなこんなで猪ノ鼻ダムに到着。
覗き込んでみると中々の迫力です。


■481号線・中盤
P1020912.jpgP1020914.jpg
P1020919.jpgP1020920.jpg
猪ノ鼻ダムを堪能した後、再スタート。
481号線の奥へと目指します。
この辺りは、意外に舗装&ガードレールがあったりします。
右下の画像が、481号線と猪鼻第2ダムへの道の分かれ道。
481号線が目的なので右へ道なりに進みます。


■481号線・終盤
P1020923.jpgP1020934.jpg
分かれ道の後、路面状況がだんだんと悪くなって来ます。
一応舗装はされているものの割と荒れており、小石も多数転がっています。
何より道が急激に狭くなり、ガードレールがなくなり、その割にすぐ横は数メートル下に川みたいな状況なので、うっかり道を踏み外したら大惨事です。
画像・左のような中をひたすら突き進むと途中でルートが封鎖されていたので、ここで引き返します。


■猪鼻第2ダムへの道
P1020936.jpgP1020937.jpg
分かれ道まで戻り、今度は猪鼻第2ダムへのルートを進みます。
しかし、このルートも曲者でした。
舗装&ガードレールで一見するとしっかりした道のように見えましたが、落石や土砂崩れの跡がハンパありません。
落下物に関しては481号線・終盤の数倍ひどい有様。


■猪鼻第2ダム
P1020955.jpg
P1020939.jpg
猪鼻第2ダムへ到着。
第2ダムは「猪鼻」なのに、第1ダムの方は「猪ノ鼻」と真ん中に「ノ」が付くのは何ででしょうね?
まぁ、そんな細かいことは置いといて、とにかく渓谷な景色が凄く良いです。
これを見れただけでも来た甲斐があったというもんです。


■猪鼻第2ダムのルート〜行き止まり
P1020944.jpgP1020947.jpg
P1020948.jpgP1020949.jpg
P1020952.jpgP1020953.jpg
景色を堪能した後は、このルート上の奥を目指します。
例によって、このルートの落石っぷりは凄いです。
途中、何度か引き返そうか考えましたが、頑張って突き進みます。
そして、ついにルートの行き止まりへ。
引き返す…その前に放尿。

実は、途中から小便をしたくてしたくて堪りませんでした。
市街地へ戻るまで我慢できないこともないのですが、この大自然の中で行う小便はきっと格別なものに違いないと思い下半身露出。そして放尿。
万が一、ここに若い女性でも現れようものなら、数時間後にパトカーに乗せられているかもしれません。
予想通り、大自然の中での放尿は最高の極みでした。

小便の事ばかり話してて、すっかり忘れていましたが、途中で鹿と遭遇しました。
流石、大自然。


この後、さらに柏原山の隣にある、竹原ダムも回ろうかと思いましたが、次の機会に回しました。
今回の481号線ですが、各ダムを見て回るだけならそれほど問題もないと思いますが、各ルートの奥まで行く場合は、2人以上で行ったほうが良い…そんな気がしました。
関連記事

Comment

Comment Form
公開設定

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。