妙見山&先山&柏原山・淡路110kmコース



今回の淡路島は、山岳三昧。
妙見山・先山・柏原山、3つの山を一度に走破するのが目的です。
これまでは、一つの山を上るだけでも一苦労でしたが、果たして無事に走破できるのか?


■妙見山
P1030011.jpgP1030010.jpg
まずは妙見山。
流石に前回の時のように、妙見宮までは行きません。
今回も157号線頂上まで何とか足をつかずに上り切りました。

頂上付近で、水分補給をしていると車が一台通過。
頂上手前の上りで必死にペダルを回している時に鉢合わせなくて良かった…。


■先山
P1030012.jpgP1030014.jpg
次は先山。
今回、最もキツイと感じたのは、この先山の上りでした。
過去にも初回チャレンジ時には、足を攣って轟沈。
初制覇の際も足が攣りそうな気配を醸し出しており、今回はどうなるかと思いましたが、苦しいものの特に足が攣るような事もなく、上りきれました。

流石に疲れたので、千光寺で休憩。
日当たりの良いベンチで日向ぼっこをしつつ、補給したり、太ももをマッサージしてみたり。


■柏原山
P1030016.jpgP1030017.jpg
そして最後となる柏原山。
斜度の緩い序盤から無理をせず、軽いギアでゆっくりマイペースに上っていったお陰で、斜度がキツくなる中盤以降も何とか走破し、頂上の広場へ。
無事、3つの山を走破し目的を達成。
でも暖かくなって、汗をかきやすい季節になったらこうは行かないかもしれません。

後は山を下るだけですが、今回は、前々から気になっていた、柏原山南側のルートから下ってみました。


■柏原山林道・南側ルート_前半
P1030020.jpgP1030023.jpg
P1030026.jpgP1030028.jpg
南側のルートも全て舗装されていて、路面自体は良い感じなのですが、北側のルートと比べて狭く、ガードレールがないので、かなりスリリングです。
勢い余ってコースアウトしてしまったら、本当に危険です。
それに車の通行も可能なようなので、そこにも注意しなければなりません。


■柏原山林道・南側ルート_後半
P1030033.jpgP1030035.jpg
P1030038.jpgP1030041.jpg
ちょっと危なっかしいルートですが、進行方向の関係で、場所によっては南の海の眺めが凄く良いです。
特に終盤の休憩ポイント(上の画像・左下)は、見通しが非常によく、中々の絶景ポイントでした。

P1030039.jpg
まるで、3つの山を上り継いだご褒美のようです。
せっかくなので、ここで少し休憩をし、景色を堪能しました。


下った後は、海沿いを北へ向かって走り、28号線を通って岩屋港へ。
距離は約110km・獲得標高は1800mを超え、島一周をしていないのにかなり疲れましたが、充実したサイクリングでした。

ちなみに今回の3つの山を巡るルートは、とあるブログで「山岳アワイチ」として紹介されているルートの真似でして、本来なら水仙ラインを通って、淡路最高峰の「諭鶴羽山」を上らないと行けないのですが、まだ諭鶴羽山は上ったことがないし、そこまで進むと殆どアワイチに近くなってしまいますので、今回は、何度か上った経験のある妙見山・先山・柏原山のみで試してみました。

今後の予定は、まず初の単独アワイチを成功させ、次の機会に諭鶴羽山へ初挑戦し、達成できれば山岳アワイチへの挑戦を検討してみようと思いますが、今回のルートでも物凄く疲れましたので、検討だけで終わるかもしれません。
関連記事

Comment

Comment Form
公開設定

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。