淡路島一周+妙見山&柏原山



今日は、先週に続いてまたまた淡路島。
ジェノバライン回数券の期限が迫っているので、ガンガン消費しなければなりません。

実は、今日は土曜出勤の日でしたが、日曜の天気が良くなさそうなので、有休を取って土曜日に走れるようにしました。
例によって出勤の土曜は好天・休みの日曜は悪天候の法則が発動しそうでしたので…。

先月は普通のルートでアワイチ、前回は諭鶴羽山を経由…ということで今回も趣向を変えてタイトル通り妙見山と柏原山を経由するルートを走ってみました。
一緒に先山も走りたいところですが、流石にこの3つの山を加えたアワイチはキツそうなので、まずは小手調で妙見山と柏原山から。

妙見山ルート・157号線の頂上手前の急斜面では、運悪く車が後ろから来たため、無念の足つき。
傾斜がキツすぎるので再スタートするのが難しく、またいちいち道を戻ってやり直すほどこだわってなかったので、最後に少々歩いての走破。

柏原山も気温が高くなってきたこともあって、中々厳しい上りでした。
ちなみにまたまた鹿3頭と遭遇。

柏原山を下った後は、普通にアワイチのルートを走りましたが、立川の峠にたどり着いた時点で獲得標高が800mを超えていたので、その後の各所の上りは先月のアワイチよりもキツかったです。

ジェルを6つ携行していたものの、すぐに消費してしまい、普段あまりコンビニに寄らないのですが、今回はお腹が空きすぎたので、アンパンとサンドウィッチをほう張りました。

小まめに補給はしていましたが、想像以上に消耗し、淡路サンセットラインでは思う様にペースが上げられずヒーヒー言いながら走っていると、2グループに分かれて走っているかなり大所帯の団体が自分を抜いていきました。

前を走っているグループは物凄くペースが早く、直ぐに見えなくなりましたが、後ろのグループは頑張れば何とか付いていけそうだったので、便乗してコバンザメ走法。
流石に赤の他人の真後ろに付いてドラフティングに入るのはマナーが悪すぎるので、2〜3m後方を走っていましたが、それでもやはり集団の後ろに付くことの恩恵は凄まじいようで、一人では到底維持できなかったペースで走ることができました。

冒頭で「先週に続いて〜」と言いましたが、よく考えたら、同じ週の日曜と土曜日にアワイチしていたので、今週は2回アワイチしてました。
そして次の休みの日に走る場所は、もちろん淡路島。
とにかく後6回、淡路に行って回数券を消化しなければ、他の場所に走りに行けません。

若干、淡路が食傷気味になっている今日この頃でした。
関連記事

Comment

Comment Form
公開設定

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。