高倉山・淡路78kmコース



このところ淡路島一周ばかりだったので、今回の淡路島は北部を中心にサイクリング。
序盤は北部の山々を走りつつ、津名一宮ICの南にある高倉山を目指します。


■高倉山
P1030157.jpgP1030158.jpg
P1030159.jpgP1030160.jpg
高倉山の麓に到着。
しかし、今日は物凄く良い天気で気温も高く、心なしか普段よりも消耗しやすい気がしました。

P1030161.jpgP1030163.jpg
P1030165.jpgP1030166.jpg
山道に突入して本格的に上り始めると、これが想像以上にキツい道でした。
道はガタガタで落ち葉や枝などの落下物も多く、何より斜度がかなりキツかったです。
結局、途中で力尽きて無念の足つき。

しかし距離自体は短いので、折角だから頂上にある高倉神社を見に歩いて上りました…が、やはり歩きでもキツい坂道です。
特に頂上手前でさらに斜度が目に見えて高くなり、舗装もなくなり、歩いて上るだけでも一苦労でした。



高倉山ルートのみを抜粋。
この高倉山、自転車で上るには向いてないかもしれません。


■高倉神社
P1030167.jpgP1030168.jpg
P1030169.jpgP1030173.jpg
高倉神社に到着…したのは良いのですが、実は上っている途中から大きい方の便意を催しまして、しかもかなり緊急の…。
途中で下山してコンビニかスーパーなどトイレのある所まで引き返そうかと思いましたが、事態は切迫していたので、一か八か高倉神社にトイレがある可能性に賭けました。

最悪の場合、どこか茂みに入って野に放つしかありません。
紙ありませんけど…。

P1030171.jpgP1030172.jpg
しかし、そこは流石の高倉神社。
トイレ完備でぬかりなし。

…と喜んだのも束の間、便所の建物自体があまり綺麗でなく、特に大の方は汚いわ暗いわ扉が閉まらないわ(暗いのであまり閉めたくありませんが…)で、用を足すのを一瞬躊躇してしまいましたが、背に腹はかえられません。

覚悟を決めて、うんこを決行。
紙はありませんが贅沢は言っていられません…と思ったら、奇跡的に紙が備え付けてあり、心の中でガッツポーズ。
長い間使用されていなかったようで、表面はゴミやらが付着して汚れていましたが、外側の汚い部分を引っ張り出せば、中から綺麗なトイレットペーパーが登場。
自分には、そのトイレットペーパーが、ピンチに颯爽と登場する正義のヒーローに見えました。

さらに奇跡は続きます。
うんこのキレが良かったみたいで、2回ほど吹いただけでオッケーでした。
いやぁ、良かった良かった。
便意に戦慄を覚えたのは久々でしたが、大惨事に発展しなくて何よりです。

P1030174.jpg
P1030175.jpg
便意もなくなり、改めて辺りを見回してみると、高倉神社、他の神社と比べると少々質素な気もしますが、緑の生い茂った広場は開放的で気持ち良く、またそこから見える景色は大変素晴らしかったです。

当初の予定では、高倉山の後は先山を上るつもりでしたが、また腹痛になっても困りますし、思いの外暑いので、無理をせず下山後は、来た道を引き返し28号線を北上して帰路につきました。
関連記事

Comment

Comment Form
公開設定