淡路島一周・後半内陸部寄り155kmコース



大多数の世間では既にゴールデンウィークに突入しているかもしれませんが、自分は今日からやっと連休です。

連休初日は、もちろん淡路島。
淡路北部を軽めにサイクリングするのが2回続いたので、今回は島一周。

去年、ジェノバラインが物凄く混んでいたので、今日は乗船したい時間の20分前に船場へ…。
それでも付近には大勢の自転車乗りがいましたが、しっかり並んでいる人は少なかったので前から3人目の好位置で乗船できました。
しかし、いざ乗船となると普段では見られない凄まじい数の自転車が積み込まれます。
明日明後日の天気が良くなさそうなので、尚更混んでいるのかもしれません。

岩屋港到着後、マイペースにアワイチを開始。

途中まではオーソドックスなルートを通りますが、福良の峠を下りきった阿那賀のT字路で、今まで左ばかりだったので、今回は右へ曲がりました。
このルート、淡路島ロングライドのルートですが、去年走れなかったでの久々です。
そのまま道なりに進みつつ、途中で66号線に入り、津名まで北上する内陸部のルートを通ります。
海沿いは海沿いの良さがありますが、景色や道が単調でちょっと飽きやすいんですよね。

突き当りを左に曲がりサンセットラインへ。
そして育波橋で123号線へ入り、462号線、157号線と走り繋ぎます。
終盤に今回のルートで一番の上りを持ってきたので、ここまでの疲労もあって、かなり厳しい上りになりましたが、景色は変化に富んでいるので、その点では海沿いよりも気が紛れました。

157号線を下りきって、淡路インター前で左折。
右折して28号線を通っても良かったのですが、「島一周」感を出すために31号線から岩屋港へ到着したかったので、このルートにしました。

そして無事ゴール。
ちなみに帰りのジェノバラインも既に自転車の行列ができており、驚かされました。

今回は、補給にジェル5つを携行し、コンビニには寄りませんでしたが、意外にガス欠にはならず最後まで足に力を入れて走ることができました。
天気も良く、割と汗をかいたので、途中でガス欠になるか足が攣るのではと心配しましたが、杞憂に終わって何よりでした。

今回の淡路島で、回数券も残り3回。
次回は5月6日にオニオンロードあたりを走れればと思います。
関連記事

Comment

Comment Form
公開設定

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。