加西三坂124kmコース



今日は、加西三坂をサイクリング。
これまでは、遠坂峠→船坂峠→釜坂峠の順番に走ってばかりだったので、今回は逆に回ってみる事にしました。


■釜坂峠
P1030287.jpgP1030293.jpg
P1030297.jpgP1030298.jpg
まずは、釜坂峠。
普段、下っている道を必死に上り、逆に上っていた道を下る。
逆順になるだけで、印象が変わり新鮮な気持ちで走れます。

釜坂峠を超えた後は、かさがた温泉・せせらぎの湯に寄って小休止。
クロワッサン生地で焼いた「たい焼き」があったので食べてみましたが、これが中々美味しかったです。


■船坂峠
P1030311.jpgP1030313.jpg
次は、船坂峠。
ここで何と、鹿を見かけました。
以前、笠形林道を走った際にも見かけた事があるので、いて当然なのですが、加西三坂ルート上では初めてだったので、少し驚きました。


■笠形林道
P1030314.jpgP1030316.jpg
P1030318.jpgP1030321.jpg
船坂峠を上りきった後、以前は舗装工事で封鎖されていた笠形林道が、解放されていたのに気づいて、様子を見に言ってみました。
流石にまだ全舗装とまではいかないようで、砂利道を確認してUターン。
ちなみに、ここでも鹿やタヌキなどの野生動物を遭遇。


その後、船坂峠に復帰して下り始めましたが、途中でまさかの落車が発生!!
道の真ん中あたりに、縦にちょうどタイヤを同じ幅くらいのヘコミが伸びていまして、そこにタイヤが取られたと思った瞬間右へ転倒。

P1030325.jpg

狭い道の下りで路面も濡れていたので、ブレーキを掛けながらゆっくり下っていたのが幸いし、大きなダメージはありませんが、右手の肘や右太ももの付け根あたりに擦り傷を負い、自転車の方は、右のデュアルコントロールレバーが曲がり、左のデュアルコントロールレバーは先端が損傷するといった、軽度のダメージを受けました。

また、これは後で気づいたのですが、どうやら転倒の際に頭も打ち付けていたらしく、ヘルメット表面に擦り傷がついており、中の超硬い発泡スチロール(?)に亀裂が入っておりました。

前後のディレイラーは幸いノーダメージのようで、変速に問題ないのですが、デュアルコントロールレバーの方は、ダメージで見栄えが悪くなってしまったので、こちらは新しいのに交換をしようかと思います。

今回のサイクリングは、改めてヘルメット着用の重要性に気づかされました。
実際に転倒してダメージを負ったヘルメットと頭部はノーダメージだった自分を目の当たりにすると、今まで以上にヘルメットは手放せないですね。

今回着用のヘルメットは、購入して1ヶ月程度の短い付き合いでしたが、おかげで大事にならずに済みました。

ありがとうございます、ヘルメット。
関連記事

Comment

Comment Form
公開設定

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。