姫路・雪彦山林道146kmコース



今日は、7月以来久々の雪彦山へ。
前回は賀野神社まで上ったところで引き返しましたが、今回は雪彦山林道を制覇してきました。


■雪彦山林道
131102-1.jpg131102-2.jpg
一乗寺暮坂峠などを経由して、雪彦山のふもとへ。
ふもとまでで既に60kmと六甲山を上る時以上にくたびれます。
しかし、ここでへこたれていられません。
いよいよ後1週間に迫った初レースに向けて、最後の追い込みをする意味でも今日は雪彦山林道の制覇を目指します。

131102-3.jpg131102-4.jpg
131102-5.jpg131102-6.jpg
雪彦山林道制覇へ向けていざ出発。
ただでさえキツイ坂道に落石がトッピングされ、一層厳しいヒルクライムが待構えてますが、とにかく景色が良いです。
林道という事で、六甲山とはまた違った魅力的な景色が広がります。
途中、明石海峡大橋が眺望できるという地点に来ましたが、肉眼では確認できなかったです。
双眼鏡が必要なのか?それとも天気や気候次第で眺めることができるのか?

131102-7.jpg131102-8.jpg
131102-9.jpg131102-10.jpg
最初は上り一辺倒ですが、ある程度まで進むと下りと上りを繰り返し、山から山へ移りながら進んでいきます。
林道・終点まであと5キロというところでパンクのトラブルが発生。
どうも鋭い石を踏んでしまったようで、フロントタイヤがパックリと切れていました。
ALX630のフロントのチューブ交換は今回が初めてなのですが、長い間同じチューブが中に納まっていたので、チューブがタイヤに引っ付いてしまってタイヤを外すのに大苦戦。
今となっては、なんてことないチューブ交換に30分ほど掛かってしまいましたが、何とか作業を終え、無事林道を制覇。


■8号線
131102-11.jpg131102-12.jpg
131102-13.jpg131102-14.jpg
後は8号線を下り、312号線を経由して帰路につくだけ。
道幅広く走りやすい事もあって、8号線のダウンヒルは爽快でした。
312号線へ入ってからは南下するだけですが、途中福崎のあたりで道に迷って10キロほど無駄に走る事に。
ルートラボ上ではその道のりをなぞっていませんが、途中で曲がって加西を経由したほうが早く帰れるのではと試してみたら、上手く行きませんでした。

今回は実質約155キロと過去最長のサイクリング。
遅くても夕方、日の沈まぬ内に帰ろうと思っていましたが、帰ったのは5時半頃。
最後の方は、ライトなどを装備してない2号車で暗い中走らねばならないので、ヒヤヒヤしながらも何とか無事に自宅へ到着。
淡路一周より長い距離を走る事になるとは…。

雪彦山林道自体は凄く良いコースですが、やはり遠いのが難点ですね。
程ほどの距離にある「笠形林道」も全ルート舗装してくれれば良いのですが。
今日は本当に疲れましたが、充実した一日でした。
関連記事

Comment

Comment Form
公開設定

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。